ソフィアラディエンス®

日々感じた事、 伝えたいこと、 目に見えない世界、 内面深くを本音でつづります。 最新情報はブログで発信しています。

 フランスへの招待状

朝方いろんな夢を見たんですが、最後に

「 フランスへの招待状 」

というタイトルの手紙を目の前に差し出されるという夢を見ました

 

そこには、

『〜これから軽やかに生きてゆく事を決めた方へ〜』

という但し書きがはっきりと書いてありました

長い文章が書かれているのを読みながら

私、夢の中の手紙読めてるやん♡などと喜んだ途端に、、但し書き以外の内容を全て忘れました( T_T)

今2025年7月5日のこととか、様々な変化を預言される方が沢山でてきていますが、だからこその軽やかさが大切なんだと手紙には書かれていた気がします

 

今日の夜9時から3人揃ってのライブを発信します!

今まで、それぞれ色々と忙しくて3人揃うことが出来なかったのですが、やっと今日3人で会うことが出来て、皆さんにお伝えできます!

 

良かったら観てください!

どんな情報が飛び出すか、お楽しみに(^-^)

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

南フランスの旅

おはようございます 

先日はとても沢山の方が、南フランスリトリート説明会に参加してくださりエネルギーワークも楽しんでいただけたようでほっとしています

お疲れの夜9時の時間に、私たちの思いを受け止めてくださり、本当にありがとうございました!

今回の南フランスの旅は、私が今まで開催して来たリトリートとも一味も二味も違うものになりそうです。

大いなる存在の計らいというか、ストレートに言うとマグダラのマリア様の思いがダイレクトに反映されているもののようです。

 

『この地へおいでなさい

私の魂のかけらを持つものたちよ

あなたの恐れや悲しみは

私とヨシュア

奇跡のような愛のエネルギーによって

全て溶けてゆくでしょう

私はあなた方とともに

このサントボームの洞窟を出て

光に溢れた世界を歩く

その時が来た、そう感じています』

 

今、ブログを書き始めたら、マグダラのマリア様からメッセージがやって来ました

マグダラのマリア様のかけらを持つ方々は、今までひっそりと生きて、目立たないように祈りを捧げることをして来た方々だと思います

その密かな祈りのパワーこそが、これからの新たな地球の息吹となり世界は広がってゆくでしょう

是非 今回の

4.15 南フランスの旅

ご一緒しませんか

メッセージお待ちしています

f:id:kagami-3350:20240218091419j:image
f:id:kagami-3350:20240218091416j:image
f:id:kagami-3350:20240218091422j:image

 

 

隠された真実の開示

今回、4月に開催する南フランスのリトリートの深いテーマです。

『隠されたマグダラのマリアの真実の開示』

このテーマが来た時、魂が震える思いになりました。マグダラのマリア様のことは今は多くの方から認知されていますが、彼女から託された真実の中に、まだ解明出来ていない核があるようです。

それはサラに関することなのか、今の段階では何もわかりません。

ソフィアラディエンス®︎の光は、その真実を内包していると言えますが、その真実の核が割れて私達の魂に届くには、私達が自分のハートの殻を破らないと届かないものであることがわかりました。

このリトリートは、とてもとても大きなプロジェクトと言えそうです。

そんな話しをゆりさんとしていて、今日の夜の説明会ですが、リトリートに参加するしないに関わらず、参加してくださった方へのエネルギーワークを提供することになりました。

今大きな幻想の中に生きている私達ですが、その幻想こそが、私達を真実から遠ざけるものです。

ゆりさんの輝石達とソフィアラディエンスの四大元素のエネルギーのコラボワークを説明会の時にすることになりました。

お申し込みは、

naoekroom@gmail.com

まで!

もちろん無料です。是非、参加してください。

お待ちしています。

f:id:kagami-3350:20240216105737j:image

↑石のエネルギー感じてみてね!

 

今日はバレンタイン♡

今日はバレンタインデーですね!

女性のお友達から、ハッピーバレンタインのメッセージをいただき、とても嬉しかった私でした💘

 

ところで、みなさんはどんなバレンタインの思い出がありますか?

私は高校3年生の時、ちょっぴりほろ苦いバレンタインデーの記憶があります。

 

高3の時、クラスの隣の席のS君から『ノート貸して!』

と言われて貸すと、返ってきたノートにとても綺麗な文字で、いつも自作の詩が書いてありました。

私は凄く嬉しかったし、詩に感動してて、S君の気持ちが何となくわかっていたのに、、、

S君を大好きと公言してるAちゃんのこと、そして受験真っ只中であること、、

私は自分の気持ちに素直になれなくて、思い切り蓋をして、バレンタインデーに廊下で待っていてくれたS君に、チョコを渡すことが出来なかったのです。

高校3年の3学期、大学入試を目前にした2月。

携帯もない時代で、それっきりで、、、恋愛指数ゼロに近い私にとって何だか甘酸っぱい唯一の思い出でした。

 

ところで、話題はガラリと変わりますが、

4月16日21時から、南フランスリトリートの説明会のお申し込み、受け付けています!

naoekroom@gmail.com

かがみまでお申し込みくださいね!

zoomご招待メッセージお送りします。

f:id:kagami-3350:20240214191741j:image